歯を大事にしてますか?当院ではセルフホワイトニングでオーラルケア

2020/05/11 ブログ
logo

おはようございます、ほうしん治療院です。

 

当院も感染拡大防止の観点から自主的に自粛している為、こちらから情報を流していこうと思います。

 

本日は「お口の健康から全身の健康へ」という内容でお送りいたします。

 

日本人の年齢30歳以上になると80%以上が「歯周病」になると言われており、健康や寿命に大きく影響すると言われております。

 

歯周病の怖さは歯の問題だけでは留まらず、様々な病気の原因にもなりえます。

(今明らかになっているだけでも、糖尿病や脳血管障害、心臓病や動脈硬化、さらにはメタボリックシンドロームなどまで、、、)

 

僕らが施術していてもみられるのが、内科的な疾患があり、腹膜や腰背筋膜などまで影響がでて、身体のゆがみや痛みとしてみられることがあります。

 

さらに口は食べ物や空気の入り口でもあります。

 

口腔内には約30億~6000億の口内細菌がいて、これらの菌がタンパク質分解酵素をだし、細胞膜をあけて体内に侵入してきます。

 

つまり、口の中が汚れて「不潔」な状態であればあるほど菌は繁殖し、歯周病やはたまた全身の病気に繋がる可能性が増していきます。

 

そして今世間を賑わしている新型コロナウイルスであったり、風邪やインフルエンザなどの感染にも影響が出てしまうかもしれません。

 

 

今自分でできる事として、「歯磨き」「うがい」「オーラルケア」があります。

 

朝晩の歯磨きやフロスでケアする事で口内での菌の繁殖や増殖を抑えられます。

 

また外から帰ったらうがい・手洗いも菌を落とせますよね。

 

当院でも何かお手伝い出来ないかと考え、「セルフホワイトニング」をとりいれ、オーラルケアのお手伝いをさせていただき、口から元気に、さらには笑顔を提供できたらと考えております。

 

ちなみになのですが、色々なアンケートみていると、60歳以上の方が人生を振り返った時に後悔している事は「運動不足」で、メンテナンスしておくべきだった体の部位は「歯」だそうです。

 

僕は始めましたよ!笑

 

 

もちろん免疫力向上の為の手技治療も準備していますのでご安心ください。

 

このような事態ではありますが、感染しない・させない・うつさないを徹底的に行い、より良い未来に向かいましょう。