美と健康に!酸素カプセルも中央区の当整骨院へ

2020/05/12 ブログ
酸素カプセル写真

こんにちは、ほうしん治療院です。

 

今日は当院にも完備しています「酸素カプセル」についてお話していきます。

 

皆さんはちゃんと酸素吸えていますか?

 

実は空気中の酸素濃度って、最適とされている濃度より薄いと言われています。

 

さらにストレスであったり、身体の状態によって体に入ってくる酸素の量自体も少なくなっています。

 

ではまず体内の酸素について解説していきますね。

 

体内にある酸素には「結合型酸素」と「溶解型酸素」の2種類があります。

 

通常の呼吸では「結合型酸素」しか運べず、毛細血管の先まではうまく流れず、内臓の一部への血流が悪くなってしまいます。

 

一方で「溶解型酸素」は血液や体液に溶け込む性質を持っていて、身体の隅々まで供給しやすい状態となります。

こちらが増えることで代謝が良くなり、疲労やケガの早期回復であったり生活習慣病の予防になります。

さらにはアンチエイジングや二日酔いなんかにも効果が期待できます。

 

この「溶解型酸素」を増やす為には、高濃度の酸素と高気圧が必要となりますので、酸素カプセルをうまく使っていただけるとより良い身体の環境を作り出せますね。

 

では次に具体的な部分に当てはめて解説していきます。

 

「疲労やケガの回復」

人間の身体には約60兆個の細胞からできていて、それらの細胞に血液とともに酸素が送られることで活動できるようになります。

 

身体に疲労やだるさを感じる時、筋肉には乳酸が溜まってきます。

筋の活動にはブドウ糖が使われピルビン酸となり、酸素が十分に使われないと乳酸となります。

酸素をしっかり取り入れることでまたピルビン酸へ変換しエネルギー源として利用されます。

 

このことから、疲労回復には効果がきたいできますね。

 

さらに疲労回復同様、ケガ(筋や靭帯の損傷、骨折や脱臼で傷ついた細胞)の回復・再生にも多くの酸素が必要です。

特に溶解型酸素が必要で、これが毛細血管を通り、細胞の隅々まで届くことで回復を促進していきます。

そして血行が促進する事で冷えの症状の改善、さらにそこに起因する肩こりや腰痛にも期待できます。

 

「アンチエイジング」

血液の循環が悪くなり細胞に酸素がいきわたらないと、活動が低下し老化が起こります。

最初に書いた通り、必要な酸素濃度は低下しています。そこに加え加齢とともに肺の活動量も低下し、慢性的な酸欠となります。

 

だからこそ溶解型酸素を細胞のより隅々まで届け、皮膚細胞の活性化や新陳代謝を活発にし皮膚の再生サイクルを整えることで美肌効果・アンチエイジングが期待できます。

 

「ダイエットや生活習慣病予防」

実は脂肪や糖を燃焼させる脂肪分解酵素であるリパーゼが活動するには、十分な酸素を必要とします。

有酸素運動がダイエットにいいのはこれにも起因し、新陳代謝アップ、脂肪燃焼促進、基礎代謝アップとなりますね。

さらに脳内物質も関わってきます。

身体の脂肪量を調節する脳内物質レプチンにも酸素が必要です。レプチンが正しく働くことで脂肪を貯めこまないように脳が指令を出します。

十分な酸素は太りにくい体質も作る手助けとなります。

 

ダイエットだけではなく、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防にもつながりますよね。

 

「集中力アップ」

脳は酸素をとっても必要としています。なんと全身の消費量の20~25%といわれています。

つまり仕事であったり、学生さんは頭を使うことで知らず知らずのうちに酸欠となり、頭痛や脳貧血となったり集中力・思考力の低下を起こしていることがあります。

 

運動していなくともこのような状況を引き起こすこともありますので、リフレッシュにも酸素は大事です。

 

 

以上のように、酸素は非常に必要なのはわかっているけど知らず知らずのうちに酸素不足になっていることがわかっていただけたかなと思います。

 

さらに最初にチラッとだけ書いたのですが、身体の歪みによって肺の換気状態が悪くなったり、不均一による血流の悪さがでたりして酸欠を招くことも考えられます。

(ここには産後のバランスの崩れの女性もふくまれますね)

 

当院では各治療(オステオパシー、矯正、鍼灸)、さらに酸素カプセルも準備して色んな面からサポートさせていただきます。

 

一緒に元気に、より前向きに行きましょう!!!