施術って痛い方が良い?

2021/03/15 ブログ
logo

こんにちは、ほうしん治療院の佐藤です。

 

 

整骨院・鍼灸院で良く聞かれる質問なんですが、「痛い方が良く効く感じがする」とか「痛いの我慢した方がいいの?」と言われることがあります。

 

 

どこかで痛めつけられたのかな?笑

 

 

結論から言うと、痛い時もある。です。

 

 

分かりずらいですね。笑

 

 

施術していく上で、まずしっかりと話を聞き(問診)、その後に評価(視診・触診)していきます。

 

 

その評価で得られた情報と患者さんが訴える主訴とを照らし合わせていきます。

 

 

さらにそれ以外の部分で気になっている事や投薬状況(その病態に関わらず)、家族歴やストレスになっている事も聞かせていただきます。

 

 

それを聞いたうえでゴールをどのようにするか、つまり明日は何があっても休めないから今日中に良くしたい!体のバランスを時間がかかってもいいからしっかり整えたい!などを聴取します。

 

 

それらの事を総合的に判断し、納得いただいたうえで施術に入ります。

 

 

当院としては出来るだけ痛みの少ない施術を心掛けていますが、

 

 

痛みに強いからガッツリやってほしい、

明日は何が何でも動けなきゃいけない、

慢性化して何をやっても良くならない、

硬さや筋の滑走性が悪く、動きが良くない、

 

 

などなど、これだけではないのですが、このケースではどうしても強い刺激の施術になってしまう事があります。

 

 

必要以上の刺激って身体に悪影響を与えたり逆にバランスを崩しちゃったりするので。

 

 

その時にその人にとって必要なだけの刺激を心身ともに入れる。

 

 

これが答えかなって思います。

 

 

だから心配せず、言いたいことや気になってる事はしっかり伝えてください。

 

 

それでベストなプログラムでベストなゴールを作りましょう!

 

 

では疲れにもウイルスにも負けないよう笑っていきましょう!!