ちょっと怖い限『夜間痛』

2021/04/07 ブログ
logo

おはようございます、ほうしん治療院の佐藤です。

 

 

今日は整骨院でもちょくちょく耳にする夜間痛についてかいていきますね。

 

 

夜間痛というのは、字の通りなんですが夜(特に寝る時なんか)に出る痛みです。

 

 

これ実は怖い症状の前ぶれであったり始まりだったりします。

 

 

肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)の時には寝てる時に肩が痛くて起きる、寝返りが痛いとか。

 

 

神経炎やがん性等の時には寝ている時に腰がうずくように痛いとか。

 

 

足などの筋肉が切れていて(いわゆる肉離れ)していて、動くんだけどじくじく痛みがあるとか。

 

 

一例にすぎませんが、とにかく夜間痛というキーワードが出ている時には気を付けるようにしてください。

 

 

病院に行って検査してもらいましょう。

 

 

何でもないに越したことはないですしね。

 

 

病院には行きたくないけど、どうしたらよいか分からないなんて人はぜひご相談ください。